RECRUIT 2020

施工管理職から設計職に配転
泉建設工業ICT化の立役者

設計職

設計・生産管理課 主任 野村 直広

2015年12月入社(キャリア採用)

登録橋梁基幹技能者

施工管理職から設計職へ

入社後、施工管理を3年経験し、昨年より技術部 設計・生産管理課に配属されています。
設計業務では既設の桁・支承といった橋の部材を補強する製品、あるいは地震への対抗策となる耐震補強部材などを
設計しています。また、生産管理業務では設計した製品を提携先の工場にて製作するプロセス管理を行っています。
長期目標を立て、新しい業務・課題と向きあいながら、日々の業務を実践していく、PDCAサイクルという事がこの
業界ではよく言われますが、まさにそのような日常の仕事です。

陰で支える仕事

現在は高速道路の維持管理で設計業務や工場製作の生産管理を担当しています。つい先日、自身で設計をした製品が、現場で取付設置されました。点と線が結びつき図となり、そして製作物へと変化する・・・こういった維持管理の仕事ですと、一般の建築物とは違い皆様の目につく、という事がないので、少し寂しくもありますが。
ただ、今後何十年にもわたって、社会のインフラを守る縁の下の力持ちを育てている、という使命感を感じながら、日々様々な業務に取り組んでいます。

「一人ひとりが主人公」成長できる教育・訓練制度 真面目で仲の良い社風

テーマは大企業<中小企業。泉建設工業は会社を牽引するビジネスリーダー(=社長、役員等)と接する機会が多いです。
長期の計画を立て真摯に仕事に打ち込むためには、時としてビジネスリーダーと意見を交換し、会社にとって「私自身何が
できるか、何を必要とされているか」をしっかりと汲み取り、「なるべくして、あるべきところ」を目指す、モチベーショ
ンの管理が重要と捉えています。泉建設工業は、毎年度社長との面談制度があり自分の考えを聞いてもらえ、社長の考え・
教え等を聞くことができます。また、年数、経験、職務等に沿った教育・訓練計画が確立しており、資格や技術・知識の取
得ができ、自身の成長が期待できます。

とある1日のタイムスケジュール

8:15~8:30

出勤働き方改革の実践のため、普段から少し早めの出勤を心掛けています。

8:30~9:00

定常業務メールチェックや本日の業務内容・必要書類を再チェックします。

9:00

設計業務発注者から受領した設計図書や数量計算書を熟読し、時折現場の担当者と打合せを重ね、
現場の条件に合わせた施工図面へと修正を行います。

14:00

工場製品検査品質確保のための製品検査や、お客様立ち会いによる製品検査を
提携先工場にて行います。
提携先の生産管理者や品質確認者とは普段から密に情報を共有しています。

16:00

残務処理明日以降の仕事の計画を見直し、
当日に報告すべき書類を早めに作成の上提出します。

17:30~18:30

退勤少し遠方からの通勤でもありますので、
明日へ疲れを残さないように残業は少なめ控えめに、
そして、早く帰宅できた日は家族との時間も大切に。